客単価方法アップ | ホットペッパービューティーへの
掲載・申込みなら
ホットペッパー広告掲載相談窓口へ!

お問い合わせはこちら
0120-918-411

 >> 

週刊!繁盛店づくり

~ホットペッパービューティーから客単価アップ方法を学ぶ~

更新年月日|2014年4月28日

客単価アップ方法を学ぶ

近年、ネイルサービスを受けるお客様が増えてきていますね。10代の学生~30代、40代の落ち着いた女性まで幅広く利用されています。しかし、それを手放しでよろこんでもいられないのが現状。というのも利用者のすそ野を広げている要因のひとつに「低価格化」があるからです。つまり客単価が下がってしまうというジレンマがあるんです。学生が手を出しやすい手ごろな価格になったこと、店舗数が格段に増加傾向にあること、さらに主流であるジェルネイルはもちが良く、来店頻度が低下傾向にあります。そこで今回はお店の客単価をもう少し上げていきたい、という方にホットペッパービューティーで行なっている対策を紹介したいと思います。これはネイルサロン店だけに限った話ではないので、他業種のサロン店の方もぜひ参考にしてください。

①「物販」
 メニュー自体が低価格化している今、来店客に物販を促すことが大切です。私も美容室に行くと「ヘアワックスそろそろ切れるんじゃないですか?買いますか?」ってよく聞かれます。これが販促です。ネイルで言うと、ネイルオイルの販促、マツエクで言うとまつげトリートメントの販促、目元パックなどなど。お客様ひとりひとりに合った販促物を提供することでお店の接客面でも評価アップ、客単価もアップ、売上もアップですね!お店の特徴や強みごとに販促方法は変わってきますので、状況を見ながらチャレンジしていきましょう。

②「セットメニュー」
 客単価をあげる2つ目の方法として、セットメニューの売り出しも効果的です。ネイルだとハンド・フットセットやハンドマッサージ付きにする、マツエクだと上下セット+カラーセットなど・・・こういったセットメニューは新規のお客様ではなく、リピーターのお客様がよく予約する傾向があります。リピーターにも新規予約のお客様にも、来店していただいた時にしっかりとセットメニューの存在を知らせてあげましょう。ホットペッパービューティーでもサロン様に対してリピーター専用のクーポンでセットメニューをおすすめしています。実はリピーター向けのクーポンを作ると、新規のお客様も増える傾向が・・・

③「グレードアップメニュー」
最後に紹介するものが、ホットペッパービューティーで予約し来店したお客様にワンランク上のメニューを勧める、という方法です。美容室でシャンプー中に「+500円で炭酸シャンプーにグレードアップできますよー」って言うあれです。ネイルで言うと、つけ放題のデザインの種類をあえて少なくし、1000円高い、ワンランク上のつけ放題へ誘導する。といった例が挙げられます。もし客単価が1000円上がったらどう思いますか?1000円なんて安いと思っちゃだめです。客単価が1000円上がれば月100人お客様が来ているとするなら10万円も月々の売り上げが上がるんですよ!

あなたのお店がもし客単価を上げたいと思っているなら、以上で紹介した3つの方法を組み合わせる、もしくはすべてをやってみましょう。

低価格化は価格競争を激化させる危険性を孕んでもいます。
そうなると資本力のある大手が独り勝ちしてしまい、結果として市場全体の活性化にはつながらないという事態も。 そうならないためにも価格依存する体質から脱出し、技術や品質を高めることで適正価格でのサービス提供を心がけたいものです。それでもうまく客単価が上がらないって時には上記3つのこととホットペッパービューティーを思い出してください。

また、今後はいまだネイルサービスの経験がない世代(シニア)を取り込んでいくことも肝心。シニア世代は金銭面でも余裕がありますよね。また福祉とのコラボレーションなど、既成概念にとらわれないマーケットへの進出も今後の価格競争の歯止めの為に必要となってくるかもしれません。

お問い合わせ・申し込みは全国共通

0120-918-411

ネットからメール

初めてのご掲載

掲載料金

株式会社 CIN GROUP